読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキーラ アヒージョ マイラージョ

陸マイラー1年生。2017年SFC修行します!旅も映画もおいしいものも大好き。出張あるのに飛行機乗れない。ANA マイル ポイント

中国国際航空に問い合わせてみた【北京/上海での国際線乗り継ぎ】

マイラージョのゆうかです!

先日、中国国際航空のコールセンターに「北京、上海での国際線ー国際線乗り継ぎ」について問い合わせました。体験談はたくさんあるのですが、あまり問い合わせたことを記載しているブログ等がなかったので、ご報告したいと思います。

 

 

問い合わせた理由

中国国際航空スターアライアンスグループで安価だけど

中国国際航空安価で色んな路線があることやスターアライアンスグループであることから、とても手頃で使いやすいエアラインです。
実際に私も今回のフランスパリには往復燃油サーチャージ諸経費込で4.7万で行きます。
スターアライアンスグループの上級会員を目指すSFC修行をする際、その手頃さから中国国際航空に乗る方も多いと思います。

f:id:milerjo:20170512225135p:plain

 

遅延が多いのが問題

ただ、目的地がアジアでもヨーロッパでもオーストラリアでも、北京・上海を経由することがほとんどな上、遅延が多いという話もよく聞きます。理由は天候(見通し不良含む)や乗客トラブルなど…

乗り継ぎ時間が短いのに遅延してしまうと、乗り継げない上に、対応が塩対応との噂。日本の手厚い対応に慣れてしまっている身としてはトラブル時に心身・金銭面でダメージが大きいようです。

いわゆるSINタッチのような弾丸トラベルで遅延で乗り継げなかったときのダメージは非常に大きなものになると予想されます。

  

悩んでいても仕方ないので

今回の私はSFC修行も兼ねており、中国国際航空で上海・北京を経由します。私は往路の上海での乗り継ぎ時間が2時間10分しかなく、諸先輩方の体験記などを読み漁ったものの若干の不安を抱えていました。
悶々としてても仕方ないので、この度中国国際コールセンターに問い合わせてみました。なお、私の旅程で問い合わせた結果であり、コールセンターの方の回答のため、あくまでご参考としてご覧ください。

 

乗り継ぎ

私の旅程は以下の通り。

往路:成田-上海-パリ
復路:パリ-北京-成田

 

色んな検索をされた方や、数年前に乗り継ぎをされた方は、
「乗り継ぎでも一旦入国審査し、出国審査が必要」
などという話を耳にしませんでしたか?
一方で、入国・出国審査がなかったという体験談も目にしました。

コールセンターのSさんのお話だと、下記の通りです。

 

上海での乗り継ぎ(国際線-国際線)

  1. 到着後、案内板を確認し、「International Transfer(国際線乗り継ぎ)」の矢印に従って進む。
  2. パスポートと搭乗券のチェック→保安検査を受ける
  3. 制限区域内(免税店エリア、搭乗口エリア)に到着

近年までは乗り継ぎの際にも入国審査・出国審査が必要だったようなのですが、今は保安検査のみとのこと。

なお、公式サイトには上海の乗り継ぎについては詳細な記載が見当たりませんでした。wikiには ”中国国際航空は乗り継ぎ窓口と持ち物チェックのみで可能” と記載がありました。

 

北京での乗り継ぎ(国際線-国際線)

  1. 到着後、飛行機を降りると沖止めになっているので連絡バスに乗る
  2. 第3ターミナルに到着したら、「International Transfer(国際線乗り継ぎ)」の矢印に従って進む。
  3. 到着口に着き、進むと荷物受取エリア(Baggage Claim)に着くが、無視して通過する。
  4. 案内板に従って進むと出発ロビーEゾーンに到着する。
  5. パスポートと搭乗券のチェック→保安検査を受ける
  6. 制限区域内(免税店エリア、搭乗口エリア)に到着する。

若干上海よりは手順が長くなりますが、コールセンターのSさん曰く、特に難しくはないそうです。こちらも乗り継ぎについて、現在は保安検査のみとのことです。

北京は中国国際航空のサイトにも乗り継ぎ案内が載っていました。

f:id:milerjo:20170512222730p:plain

一方でいろんな方の体験談を見ていると、保安検査場を通るのに時間がかかることが多々あるとのことなので気を引き締めていかないといけません。

 

受託手荷物の扱い

中国国際航空は路線や経由地によって、出発地点で預けた手荷物を経由地で一旦受け取って、再び預ける手続きが必要になることもあるようです。一方、出発地点で預けた荷物を最終地点で受け取れるスルーチェックインもできる路線もあります。

私は当たり前だと思っていましたが、贅沢だったんですね。中国国際航空では、スルーチェックインが素晴らしいサービスのように記載されています。

 

上海経由の場合

路線によっては、出発地点で預けた手荷物を一旦経由地で受け取り、再び預けるという手続きが必要とのことです。ただ、特別航空便利用に限りスルーチェックインが使用できるとのこと。

下記は中国国際航空のサービスガイドからの抜粋です。北京が中心に書いてありますが、上海についても一部実施しているため問い合わせをするように、と書いてあります。

 

f:id:milerjo:20170512234705p:plain

なお、私の上海-パリは特別路線で、スルーチェックインが可能とコールセンターで確認できましたので、成田で預けた荷物はパリで受け取ればいいだけのようです。

 

もし、上海経由で手荷物を預けられる方は、手荷物受取→再度預け入れの手続きが必要になることもあるかもしれないので、その場合は乗り継ぎの時間には余裕を持っておく必要がありそうです。

 

北京経由の場合

北京経由の場合は現在ほとんどスルーチェックインで荷物は出発空港で預けて、最終到着空港で受け取れば良いそうです。

中国国際航空のサイトより

f:id:milerjo:20170512233618p:plain

以上、預け入れ手荷物の扱いですが、念のため出発空港でチェックインしたときに、最終空港までのチケット受け取りと、荷物を預けた際にもらう控えに、最終空港が記載されているかを念のためチェックした方が安心かと思います。

 

コールセンターでの対応

以上は中国国際航空のコールセンターのSさんが回答くださった内容をまとめました。と、わざわざ書くのは、実は少し対応に不安要素があったので、100%信じ切っていない部分があります。したがって、冒頭にも書きましたが、あくまで私の旅程でコールセンターから聞いた体験記として、ご参考程度にお読みください。正確には個別に問い合わせた方が良いと思います。

 

コールセンターのSさんはとても誠意をもって対応してくださったのですが、きちんとした情報を持っていないのか、教育やマニュアルがあまりないような印象を受けました。

例えば、一度伝えた内容を「先ほどのは間違いでした。忘れてください」と何度も訂正しなおすことが多々あったり、敬語に違和感があり「今の話は無視をされてください」とか、「また分からないところがありましたら、こちらに電話をかけていただければ、いろんな情報を聞くことができます」など。日本人じゃないのかと思いましたが日本人のようでした。

一生懸命なのですが、いかんせんきちんとした話し方をされず、主語なく話があっち行ったりこっち行ったりし、「あのー」「えっと」が多くて、コールセンターの人と話しているというより、職場の新人教育でロールプレイをしているような感覚になりました。

 

コールセンターについて

日本国内からは、9-18時 年中無休。
ナビダイヤルなので要注意。
私は上記のとおり、Sさんの確認と訂正が多く、15分くらいかかりました。

f:id:milerjo:20170513002931p:plain

https://www.airchina.jp/JP/JP/contact-us/call-center/#JP

 

参考になる体験談

教科書的な回答よりなにより参考になるのが、実際に体験された方の体験談です。だいぶ熟読させていただきましたが、とても参考になるのでご紹介させていただきたいと思います。私も出発前に見返したいと思います。


 

 ↓参加しています♪

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへにほんブログ村 小遣いブログ マイレージへにほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ